トップページ > 耐震博覧会とは > 博覧会の歩み

住まいの耐震博覧会とは

業界初の試みから、時代のニーズに応えて発展。
住まいの耐震博覧会の歩み

住まいの耐震博覧会は、ナイスが1969年に業界初の試みとして開催した合同展示会がルーツです。
1989年に「ナイスフェア」と改称、2002年には「ナイスわくわくフェア」として、広く一般のお客様もお招きするイベントへと発展。
【住まいの構造改革】をテーマに、住まいの耐震化を訴え続けてきました。

さらに時代のニーズに応え、公共性や社会的な意義の見地から、2008年に「住まいの耐震博覧会」へと改称。東京をはじめ、仙台、名古屋、大阪、福岡などの主要都市で実績を重ね、2015年は全国5ヶ所で14万5千名を超える方々にご来場いただきました。

2002年から2016年夏までの累計ご来場者数は170万人を突破。
文字通り、国内最大規模の住宅総合展示会として、毎年大きな注目を集めています。

Copyright © Nice Corporation All Rights Reserved.

このページの先頭へ